10月某日
フランス アルザス地方を訪れました。
この頃になると、すっかり秋も深まり、
冬の足音もそろそろ聞こえてきそうなのですが
この日はとても暖かく、お天気にも恵まれ、
花が彩りを添えてくれました。


アルザスは、フランスの北東に位置し、
ライン川とヴォージュ山脈にはさまれています。
いく度となくドイツ、フランスと領有権をめぐり
争い続けられてきた悲しい歴史を持つ土地でもあります。
それゆえどこかドイツっぽい雰囲気を持ち、
今でも独特の方言、アルザス語を耳にすることができます。
ドイツ語とフランス語が混ざった言葉です。

アルザスは南北に細長く、
距離にしておよそ170キロメートルくらいでしょうか。
今回はワイン街道の首都と呼ばれるコルマールと
そこからさらに数キロ西に位置するカイザースベルクという
村をご紹介したいと思います。
コルマールはアルザスの南に位置し、
観光客も大勢訪れるアルザスの代表的な街の一つです。





コルマールの街の中心広場にやってくると、
一番初めに目に飛び込んでくるのがこの電車。
まるで、おとぎの国に来たみたい。
さて、街の散策に出かけてみませんか?
なにが出迎えてくれるでしょう…
ワクワク、ドキドキ…
出発進行!!

go!!